Profile
栗田敬子(くりたけいこ)。愛媛県松山市生まれ。愛媛大学教育学部特音卒業。
在学中にジャズピアノに興味を持ち、卒業後、松山市内の「LOFT CLUB」にレギュラー出演。ここを訪れた多くの国内外のミュージシャンとセッションの経験を持った。
松山を拠点にライブ活動を始め、83年故西村昭夫(TS)カルテットに参加、LP「MY SONG」を制作。89年には、バークリー音楽大学夏期講習(浜松市)に参加。ゲーリー・バートン、小曽根真らの指導を受けた。94年11月藤家虹二(CL)クインテットのメンバーとしてCD「スウィート・クリスマス・フォー・ラバーズ」にレコーディングに参加。BMGビクターより発売中。95年10月ハイネケン・ジャズ・コンペティションに応募、上位9名での最終審査を受けたのがきっかけとなり東京でライブ活動を始めた。現在も隔月でライブを続けていて、東京のジャズ・ミュージシャンとの交流や知己を得ている。
また、弘法大師空海の一生を音楽と声明で表現したコンサート”空と海”(95年)や香川芸術フェスティバルオープニング公演(96年)の作曲編曲を手がけ、現在も地元の演劇やミュージカルなどの作曲活動を続けている。
2009年8月に初リーダーアルバムK'sWalkを河上修bとのデュオで発表した。アルバム名のK'sWalkは自身の作曲。
2000年5月愛媛県文化協会奨励賞受賞を受賞、2001年9月えひめジャズネットワークの発足に伴い会長に就任し、毎年ジャズ切磋琢磨と坊ちゃんジャズフェスティバルを主催して2010年に10周年を迎えた。
現在、松山市内の「モンク」に毎火曜日、「ハーフノート」に木曜と土曜日、全日空ホテルのラウンジに月曜に出演のほか、四国や東京都内のライブハウス等でライブ活動中。弾き語りも好評。
 2000年5月愛媛県文化協会奨励賞受賞
 2001年9月えひめジャズネットワーク会長